愛用中 スノボのゴーグルSMITH(スミス) I/OX 調光レンズ レビュー

雪山・スノボ

昨シーズンからSMITH I/OXを使っています。
それまでゴーグルは、日中用、ナイター用と2つ持っていたものの、今はI/OXひとつだけで満足しています。
視野が狭まると楽しくないので、もともと吹雪のとき以外ゴーグル使いたくない人間だったのですが、年々、日中の眩しさに耐えられなくなってきて、これはミラータイプのゴーグルあったほうが良いなーと思い直して買いました。
これまでOakley、SPYなど使ってきました。どちらも不満はなかったですが、古くなってきたのもあり、ムラサキスポーツでI/OXを見かけて一目惚れ。
売ってるゴーグルの中で一番カッコよかった!
アジアンフットサイズ。
スポンサーリンク

一番のお気に入り、視野角の広さ!

これまで使っていたゴーグルとの一番の違い。
SMITH I/OXは、視野がとにかく広い。
首を振らなくても結構な範囲が見えます。
上下も広くて開放感!
自分自身は危険な滑り方はしないけど、子供から上級者まで滑るコースでは、きちんと安全確認しないと思わぬところで危ない思いをします。
一人でコケるのは構わないけど、人様に怪我されたら嫌よね。。
特に初心者の方には、視野広いものをオススメしたいです。

RED SOL-X MIRROR レンズの特徴

SMITH I/OXは、交換レンズがもう一枚セットで付いてきます。
レンズ自体に種類がたくさんあるのですが、私は調光レンズのものを買いました。
日差しの強さによって明るさが変わります。
ちなみに調光レンズのセットだと、もうひとつはクリアレンズ。
安いゴーグルは、レンズの端の方は視界がゆがんで気持ち悪い感じになりますが、もちろんこれは端の方まで歪みがない。
レンズに SMITHとI/OXの文字
 
それから曇りにくい!
それだけで良い買い物だったなーと思います。
POREX TECHNOLOGYという、水を通さず空気だけを通す素材だそうで、おそらく劣化も遅いんじゃないかなと思います。
詳しい性能については、公式サイトを見た方が早いと思います。
>>SMITH I/OX Black

明るいのにまぶしくない!

吹雪いたときはもちろんですが、やっぱり偏光レンズの力でしょうか、眩しいときに活躍するのが本当に便利。
サングラスがわりですね。
そして調光レンズなので、曇ると色が変わり、太陽が出たらまた変わる。
便利だ〜!

ベルト部分

後頭部のバックル、ものすごくスリムでここも気に入ったポイントのひとつ。

ニットキャップやヘルメット装着後にゴーグルだけ脱着したいので、必ずバックル式のが欲しかった。

厚さが5mmしかない。
後頭部にバックルがあると頭打った時危ないので、バックル無しが好きな方も多いと思いますが、SMITHのバックルはすごく薄くできていてあまり干渉しない。
よくできています。
ヘルメットに装着した時のことも踏まえつつ。
サイドの長さ調節部分はヘルメットに装着するために、長めにできています。
滑り止め。
こちらもヘルメット上で安定するように、しっかりとした滑り止めがついています。

レンズが最初から2枚付いてくる

レンズが2枚セットで販売されているI/OX。
調光レンズじゃないスタンダードの晴天用+曇天用のセット。
もしくは、調光レンズ+クリアレンズのセット。
の2パターンがあります。
私が買ったのは、調光レンズなので、クリアレンズが付いていました。
これまで2個持ちだったのが、気に入ったデザインのゴーグルでレンズだけ付け替えればいいと思うとなんだか気分が良いです。
そのうちナイター用レンズ買うかもですが、クリアレンズをナイターに使ってます。
結局2個買うと高くつくし、この商品もいい値段しますが、品質を鑑みるとコストは良心的なのではないかと判断しました。
付け替え面倒な人は、マグネット式のものが出ているのでそちらの方が良いと思います。フレームが見えないデザインでかっこいいです。

交換レンズのバリエーションが多い

交換レンズの種類が多いです。
晴天用、曇り用、ストーム用、ナイター用、それぞれ数種類ずつ用意されていて、価格は大体5,000円から15,000円くらいかな。

まとめ

ゲレンデでちょっと滑るくらいならそんなにこだわらなくても問題ないと思いますが、バックカントリーなど、危険を伴うコースを行く場合や、雪山登山に使う場合は目的に合わせてしっかり選んだほうがいいかもしれません。
error: Content is protected !!