レディーススノーボード 自分に合うスノボ板の長さと計り方、決め方が分からない女性へ

雪山・スノボ

自分の考え方を紹介してるだけですので、色々ある中の何か参考になれば。

私は日本人女性の平均身長158cmで、スノボ板は146cmのものを使っています。
ゲレンデで使うことを目的としたオールラウンドの板です。

スポンサーリンク

みんな色々言うけど一体何を基準にしているのか

よく、身長からマイナス15~20cmと言われていますが、それは、男性や、背の高いor体重のある欧米人向けの指針です。

私くらいのサイズの女子は、マイナス10~15cmで選ぶと良いと思います。
というか、お店でも女子はそれくらいを勧められます。

海外では、体重で判断するのが一般的なのか、バートンのサイトでは、体重で選ぶようになっていますので、ひとつ目安にしてみても良いかと。

>>BURTON Women’s Burton Feelgood Flying V Snowboard

こんな感じで、商品ページから「自分に適したサイズを見つける」をクリックすると、ブーツサイズと体重を入力するポップアップが立ち上がるのでそこに自分のサイズを入力。

出典:burton.com

そうすると、適した板のサイズを教えてくれます。

出典:Burton.com

目的によって長さが違う、そもそも使う板も違う

グラトリや、ジブ(パーク)でぴょんぴょん跳ねたり小回りの効く方が良いなら短め。
長距離ライドやパウダーを楽しみたい方は長めをチョイス。

例えば、

◆158cm-15cm=143cm
グラトリ・ジブ向け。取り回しがしやすい。
もっと短い138cm使う人もいます。

◆158cm-10cm=148cm
圧雪ゲレンデを颯爽と滑る。フリーライド、ゲレンデのパウダー。
ノーズ(進行方向側)が長いと沈みにくくなり滑走が安定します。
もっと長い板に乗る人もいます。もはや好みです。

自然そのものを楽しむようなバックカントリーでは、板の幅が広いとか、形がちがうとか、別な板の世界があります。

厳密に言えば、トリックやジブとフリーライド、カービングもジャンルが違うので、それぞれに適した板があります。
オールラウンドな板というのは、広く浅い板のこと。何かに特化したものではないということです。

先ほど紹介したバートンのサイトは、商品名の上に何用の板か書いてあるので非常に分かりやすいですね。

スノボメーカーのカタログって見づらいのが多いですよね、しかもウィメンズはおまけ程度の扱いだったり。せっかく興味持ってくれた人に間口狭めてどうすんだよ!って思います。

これからスノボを始める、全くの初心者だという女子へ

これからスノボ始めたいという方は、ぜひ、自分は何がやりたいかをぼんやりとでも決めてみるといいです。
ただ滑れるようになりたい!のであれば、正直、どの板でも滑れるようにはなります。

最初は違いなんてよく分からなくて当然。
私はいまだによくわかってません(笑)

Youtubeなどで色々観て見るのが手っ取り早いと思います。

Burton Girls Presents, Ep 2: Stand Out (snowboarding)

これはプロスノーボーダーによるプロモーションなので、レベルがやばいのは置いておいて、色々あるんだなっていうのが分かると思います。

パウダー楽しそう、とか技ができるのかっこいいな、とか。
そこから何に興味があるかを説明すると、周りの経験者が助けてくれます。

本当に何も思いつかない場合は、経験上、最初は柔らかい板の方が疲れにくいです。
でも長く続けるなら、ある程度目的に合ったものを選ぶと、無駄なお金を使ったと後悔しなくて済みます。
あと、安いだけで性能が分からない板はやめた方がいいです。
最初に使いづらい板に当たると、楽しくなくなって、続くものも続かなくなります。

お店でフィッティングさせてもらえるなら遠慮なくお願いしましょう。
どのくらいしなるか、軽さは、何向けかなどきちんと聞いてください。

その際、ブーツのサイズはかなり重要なので、厳密に合うものをチョイスしてください。一緒にブーツを買う場合は、実際に履く予定のソックスも持参で。

前に体重をかけたとき、かかとが抜けるようであればNG。板に力が伝わらず操作できません。もっも小さいサイズを選んでくださいね。

error: Content is protected !!